無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

借金返済できない場合の個人版民事再生とは

借金返済がどうしてもできなくなった場合に取る手段の一つに、個人版民事再生があります。個人版民事再生は、借金の元本を大幅に減額して返済しやすくする方法です。その点、借金が0になる自己破産とは違いますが、家や自家用車などを手元に残すことができるのが大きなメリットです。同じように返済額を減らす任意整理との違いは、任意整理が主に利息の見直しをするのに対して、個人版民事再生は元本から減らす点です。そのため、借金の額が大きくて返すことができない人にとっては、非常に魅力的な制度です。とはいえ、個人版民事再生の手続きがまだあまり普及していないのは、新しい制度であることに加え、多くの書類を用意したりと手続きが非常に面倒な点にもあるようです。また、任意整理とは違って、個人的にお金を借りた相手(会社・友人など)にも、この手続きをすることが知られてしまいます。また、保証人には民事再生する前の額にたいして請求が行くので、事前に話をしておいたほうがよいでしょう。それ以外で会社や近所に知られることはありませんが、信用情報機関に登録されるため、5〜7年間は新規のローンや借り入れができません。このようにメリット・デメリットのある個人版民事再生ですが、給与所得など定期収入がないと申請が通らないので注意が必要です。

 

ヒップラインをキレイにするエステ
比較!ヒップラインのエステなら?